家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬式でお金がかかるのはNG!

いままで身内の葬儀でも、
葬儀屋の言いなりになって、すごい金額になったことを知っています。

私は、こじんまりと、身内だけでしたいので、家族葬を探しました。

 

家族葬のデメリットはあるの

 
ま~
葬儀社によって、全然違いますね。

分ったんですけど、費用がお安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の考えは「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。

また、「お葬式はめんどくさいから」という人もも少なくないです。

私の友人たちの考え方はたくさんありますよね。

 

葬儀の見積もりは注意ですね

お葬式に持参する香典袋の中に入れる紙幣で気をつけたいのは新しい紙幣は使わないようにすること。

これは良くないことになってしまうから控えましょう。

お通夜のマナーになるになるのが香典に包むお札。

地域ややり方の相違とかいろいろありますがピン札は入れないという事はほとんど同じということです。

お葬式っていうのは必ずするべきだという法律はある?実は、決められていません。

でも、遺族の方は火葬する義務はあります。

なので、実際は葬儀屋さんにお願いするしかないのです。

こういう、汚いお金やくしゃくしゃのお金を使うのも失礼という感じです。

仕方なく香典に使っていないお札しかないなら数回折って折り目やシワをつけるならマナー違反にならないですね。

 

葬儀費用を分割払いでできないの?

これだと失礼にならないですね。

親の年齢も考えると葬式のことなどいずれやってきます、でもなかなか出来ませんよね。

ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。

たとえば、「家族葬にする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」などなど。

事前に信頼できる人を使って聞いておくのも幸せかと。

香典の上の部分の文字は、ほとんどの場合「御霊前」御香典、御香料が一般的。

葬儀の時のピン札は、既に訃報に備えていたようでやってはいけないことです。

ということで、不祝儀には向かないとマナーがあります。

いきなり病院で紹介された葬儀社を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。

全部どんぶり勘定とか、にあったらどうしよう?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。

それと、大体の金額を調べておくのが大切です。

やらないといけないのは分かっているけど、何があっても平和にこないたいものですね。

投稿日:

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.