家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬儀

身内の家族葬の費用は実際にホントに安くなりますか?

投稿日:

家族葬の費用は実際にホントに安くなりますか?

最高の喜びに満ちてるけど葬式費用も払えなくて悲しんでいるあなたへ

家族葬相場北海道

 

年をとったら終活や亡くなった後のことなど考えるべきです、あなたは考えたことありますか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例をあげると、「どこでする?」「絶対知らせたい人は?」「保険とか大切な書類は?」などなど。
事前に友人を使って何気なく聞くのは必要ですね。
葬式で避けたいことの一つが香典に入れるお金。
地域や宗教の関係もありますが新しい紙幣は使わないという事はだいたい一致ということです。
近頃は葬儀式のやり方が変化してきています。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに遺体を火葬場に送って、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
期待されることは、葬式全体の費用がお安いことや、参列者を減らすことができる。
香典袋に書くのは、どの宗派でも御霊前・「御香典」御香料が一般的。
葬式に用意するお金は、調査によるとだいたい200万円前後という結果のようです。
この数字は絶対必要ではなく、平均です。
もっと高くなって驚いた喪主の方もいます。
ですから、「火葬式だけ」の『直葬(ちょくそう)』でやってシンプルにしてしまう事も可能です。
そうですね、、薄汚れたお金やくしゃくしゃのお金を使用することもマナー違反になってしまいます。
葬式の時の新しい紙幣は、何か逝去の知らせを分っていたようでやっぱり失礼です。
なので、お通夜には向いていないとという常識もあります。
お通夜に持っていく香典袋に包むお金でミスしそうなことですが、新札は使わないようにすること。
これは良くないことになってしまうから控えましょう。
普通の葬儀なら亡くなった人のために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式・告別式を一緒に行うという感じででお別れとなります。
また、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけですませる家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
今からもっと死亡年齢が高くなるになってきています。
そうなると、友だちや親戚も高年齢ということにおちいってます。
そしてなんですが、近所との付き合いもほとんど無くなっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
もし香典にピン札しかないなら数回折って使った感じをつければいいかも。
そですね失礼にならないですね。
自分の葬式はどうしたいと思っていますか?私は全部省略してもいいと思っています。
簡単に言うと、お通夜とか葬式も全部なくてもスッキリした儀式でいいと最近思っています。
マジで。
あなたは、問題もあるけど安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選択した人の理由は「お金がもったいないから」という声が多かったとか。
また、「葬儀はやりたくない」と考えてる人も現実にいます。
色々な人の心の叫びのようですね。
突然に親戚などの紹介の葬式屋さんを決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、なら断るべきか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それから、内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのは大変だけど、何があっても普通にやりたいものですね。
お葬式っていうのは絶対しなければならなないという法律がある?実際は、法律のような義務はありません。
ですが、遺族の方は火葬する義務はあります。
ですから、通常は葬儀屋さんにお願いするしかないわけです。

 

-葬儀

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.