家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬儀

家族葬の費用内訳は見るポイントがありますか?

投稿日:

家族葬の費用内訳は見るポイントがありますか?

これからの人生に勇気が足りないと思うけど葬儀代が心配なあなたへ

葬式費用がない

 

普通の葬儀なら故人をしのぶために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという感じででお別れとなります。
それ以外にも、亡くなった人が高齢とかならほんとの身内だけで行う家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
香典袋の表書きは、ほとんどの場合御霊前・御香典・「御香料」でした。
葬儀に持っていく香典に包むお金で注意したいのは新しい紙幣は使わないようにすること。
これはマナー違反になってしまうから控えましょう。
あなたのお通夜と告別式は出来たらこうして欲しいなんて考えたことありますか?私なら簡潔にしていいとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜とか葬式も全部なくてもややこしさなしの儀式でいいと最近思っています。
マジで。
聞きますけど、問題もあるけど安い《直葬》というやり方があることを知ってた?直葬を選んだ人の多い意見は「お金がもったいないから」というのが大半だとか。
また、「葬儀はやりたくない」と考えてる人も現実にいます。
私の友人たちの意見はあるものです。
近年は葬儀の形式が変化してきています。
それは、通夜も告別式も実施せずに遺体を火葬場に送って、ここで終わる「直葬(ちょくそう)」が増えているとのこと。
いいことは、葬儀の費用がお安いことや、身内だけとか限定できることです。
お葬式なんですが絶対しなければならなないという法律がある?これは、決められていません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、実際は葬儀社に頼むしかないわけです。
それから、汚い紙幣やしわしわのお札を用いるのもマナー違反になってしまいます。
葬式の時のピン札は、あたかも逝去の知らせに備えていたようで失礼にあたります。
ということで、お通夜には避けるべきとという常識もあります。
どうしても香典にピン札を入れるなら一度折って使った感じをつけるならマナー違反にならないですね。
これならいい感じですね。
親の年齢も考えると葬儀のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
例をあげると、「どんな葬儀にする?」「誰を呼ぶ?」「重要な書類はどこ?」などなど。
事前に友人を使って何気なく聞くのは必要ですね。
いきなりネットで探した葬儀社を決定するのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?だからネットでも安心できる大手がいいね。
それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やらないといけないのはつらいけど、何があっても普通にやりとげたいものです。
葬式に用意するお金は、雑誌に載っていた記事によると平均で190万円前後という結果のようです。
でもこの金額はだいたいの平均的な数字です。
もっと掛かって困った人たちもいるわけです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う直葬(ちょくそう)でやって簡単にして抑えることもできます。
今からもっと死亡年齢が高くなるになっています。
ということは、友だちや親戚も年寄りが多いということにおちいってます。
ましてや、地域の人との付き合いも減っているのは確かだから家族葬でいいって必然的にるわけです。
不祝儀で避けたいことになるになるのが香典のお札。
住んでる所や宗派の違いとかいろいろありますがピン札は使用しないようにすることはほぼ同じな感じです。

 

-葬儀

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.