家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬儀

家族葬の費用を安くする方法を教えてください

投稿日:

家族葬の費用を安くする方法を教えてください

いつも迷ってしまって焦っているけど家族葬の費用が払えないあなたへ

家族葬費用比較

 

普通の葬式なら故人をしのぶために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式と告別式を同じ日にやってしまうこういう流れでで送り出します。
また、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけですませる家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
最近は葬式の形式が変わりつつあります。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、身内だけでやる『直葬』という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬儀の費用がお安いことや、参列者を限定できることです。
聞きますけど、全部シンプルな”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選んだ人の多い意見は「親の貯蓄がないから」という声が多かったとか。
意外にも、「葬式はいろいろ面倒だから」と考えてる人も現実にいます。
色々な人の意見はあるものです。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実は、法律のような義務はありません。
しかし、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
なので、ほとんど葬儀屋に依頼する方法しかないのです。
今以上にもっと高齢化がやってきます。
となると、友だちや親戚も年寄りが多いということにになります。
それから、近所との付き合いもほとんど無くなっているので火葬だけでもいいって必然的にるわけです。
葬式でしてはいけない事の一つが香典に入れるお金。
地域や宗派の関係とかいろいろありますがピン札は入れないようにすることはほとんど同じな感じです。
あまり考えたくないけど亡くなった後のことなどいずれやってきます、あなたは考えたことありますか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「交際範囲は?」「重要な書類はどこ?」などなど。
事前に信頼できる人を使って聞いておくのも幸せかと。
自分の葬式はこうしたいなんて考えたことありますか?私だったら全部省略してもいいと思っています。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、スッキリしたやり方でいい思っています。
マジで。
葬儀に掛かった費用は、アンケートによるとおおよそ190万円前後という結果のようです。
コレは絶対必要ではなく、平均です。
もっと掛かって払えない喪主の方もいます。
ですから、通夜と告別式を1日で行う『直葬(ちょくそう)』という方法で身内だけにして簡略もできます。
いきなり親戚などの紹介の葬儀社を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのはつらいけど、何があっても段取りよくやりとげたいものです。

 

-葬儀

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.