家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬儀

家族葬費用ですがイオンは安いのか高いのか?

投稿日:

家族葬費用ですがイオンは安いのか高いのか?

面倒なことはいつも後にしてたら貯金がなくて葬儀代がないあなたへ

家族葬費用安く

 

聞きますけど、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の多い意見は「葬儀費用がないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「葬儀はやりたくない」と考えてる人も現実にいます。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
葬式をすること事態は必ずするべきだという法律はある?実際は、法律のような義務はありません。
でも、遺族の方は火葬する義務はあります。
だから、通常は葬儀屋さんにお願いするしかないのです。
普通の葬儀ならお悔やみのために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を実施する、という順番ででお別れとなります。
でも、亡くなった人が高齢とかなら家族と近親者だけで行う「家族葬」なんてことも可能です。
年をとったら終活や葬儀のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
たとえば、「どこでする?」「絶対知らせたい人は?」「保険とか大切な書類は?」とか。
やんわりと信頼できる人を使って聞いておくのは必要ですね。
近年は葬儀式の形式が変わりつつあります。
なんと、通夜や告別式を行わずに遺体を火葬場に送って、ここで終わる『直葬』もどんどん増えています。
メリットは葬式全体のお金を抑えることや、参列者を無理に呼ばなくていいことなどです。
葬儀に必要な金額は、雑誌に載っていた記事によると平均で200万円前後という感じなんだそうです。
この数字は絶対必要ではなく、平均的な数字です。
当然これより高くなって驚いた人たちもいるわけです。
なので、「火葬式だけ」の直葬(ちょくそう)という方法で簡単にして抑えることもできます。
あなたの葬式は出来たらこうして欲しい希望はありますか?私は全部省略してもいいと強く言いたいです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、ややこしさなしの方法でかまわないと最近思っています。
マジで。
これからドンドン死亡年齢が高くなるになっています。
となると、知り合いも高年齢ということにになります。
そしてなんですが、近所との付き合いも減っているので家族葬でいいって必然的にるわけです。
葬式でしてはいけない事として大事になるのがお香典のお札。
地方ややり方の違いもあったりしますがピン札は入れないという事はほとんど一緒な感じです。
いきなり病院で紹介された葬儀社を決めるのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、なら断るべきか?だからネットでも安心できる大手がいいね。
それと、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
突然なので全てやるのは分かっているけど、何があっても平和にやろうではありませんか。

 

-葬儀

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.