家族葬費用安くしたい

家族葬で費用を安くして節約した

葬儀

身内の葬式費用がないなんて最低ですがどうしよう

投稿日:

葬式費用がないなんて最低ですがどうしよう

いつも物事に対して冷静だけど身内の葬式の費用が足らないあなたへ

家族葬費用実際

 

自分のお通夜と告別式はどうしたいなんて考えたことありますか?私だったら葬儀なんていらないと思っています。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、非常に簡単な方法でかまわないとすごく思うようになりました。
本当に。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実際は、そんな法律はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
ですから、実際は葬儀屋に依頼する方法しかないんですよ。
香典袋の上の部分の文字は、仏教の場合御霊前、御香典、御香料が一般的。
お通夜に必ず必要な香典に包むお金でミスしそうなことですが、新しい紙幣を入れてはいけません。
こういうのは失礼になってしまいます。
近頃は葬式の形が次第に変わってきています。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、身内だけでやる”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
メリットは葬式全体の費用がお安いことや、参列者を無理に呼ばなくていいことなどです。
突然に親戚などの紹介の葬儀社を決めるのは心配でしかありませんよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?ですから事前に調べておくのがいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのは分かっているけど、いろいろあっても段取りよくやろうではありませんか。
こういう、薄汚れたお金やくしゃくしゃの紙幣を用いるのも礼儀違反になってしまいます。
通常の葬式なら亡くなった人のために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
そして翌日に葬式と告別式を一緒に行うという順番で送り出します。
でも、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけですませる家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
あまり考えたくないけど葬儀のことなどいずれやってきます、でもなかなか出来ませんよね。
ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
例をあげると、「家族葬にする?」「交際範囲は?」「大事な書類の場所は?」など。
事前に信頼できる人を使って聞いておくのは必要ですね。
不祝儀で避けたいことになるになるのが香典袋に包むお札。
住んでる所や宗派の相違もあったりしますがピン札は使わないようにすることはだいたい一緒です。
葬儀に用意するお金は、アンケートによるとだいたい200万円前後という数字が出てきたようです。
コレはだいたいの平均的な数字です。
当然これより高くなって払えない人たちもいるわけです。
ですから、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)でやってシンプルにして簡略もできます。
お通夜の時の新札は、何か訃報を分っていると思われるようでやっぱり失礼です。
なので、お通夜には向かないと考えられています。
これからすごく高齢化がやってきます。
となると、同僚も高年齢状況にになってるはず。
それから、地域の人との付き合いも少なくなっているのは確かだから家族葬でいいって必然的にるわけです。
聞きますけど、費用がお安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬にした人の多い意見は「葬儀費用がないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「葬式はいろいろ面倒だから」という人もいるようです。
私の友人たちの意見はあるものです。
仕方なく香典にピン札を使うなら一度折って折り目やシワをつければいいかも。
そですね失礼にならないですね。

 

-葬儀

Copyright© 家族葬費用安くしたい , 2019 All Rights Reserved.